新型コロナウィルスの感染症対策を徹底

歯科医師は、常日頃から歯科治療における唾液や血液の飛沫から起こりうる肝炎やエイズなどの感染のリスクにさらされており、
そのような感染症から身を防ぐよう、マスク、グローブ、ゴーグルの着用といった、徹底した対策を行っています。


これは患者様に直接触れる歯科衛生士などのスタッフにおいても同様です。

そのため、スタッフが患者様からコロナ感染を受けるということはまずありません



消毒下駄箱を設置いたしました。

殺菌灯スリッパラックです。

殺菌済みの清潔なスリッパで患者様をお迎えいたします。


歯を削るタービン専用の減菌器設備です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です